コンテンツSEO

初めてのコンテンツSEO、3つの考え方

ブログ記事を書いてみよう

「これからは、小手先のSEOが通用しない」

Googleのパンダアップデート、ペンギンアップデート以来、そんな言葉がよく聞かれます。
小手先のSEOの時代が終わった今、本当に効果を上げるのが「コンテンツ重視」のサイト運営です。
「コンテンツ重視って言われても、難しそう……」
「ブログを書けって言われたけれど、どうやって書けばいいの?」
そんなブログ初心者のあなたに、コンテンツSEO入門編として3つの考え方をご紹介します。

その1「正直者が得をする!?」

これまでのSEOは、有料リンクなどのさまざまな手法を使って検索エンジンの上位表示を狙うというもので、「より適切なサイトを提供したいGoogle」と、「手段は問わないから、とにかく上位表示させる業者」とのいたちごっこのような状態でした。

これからは、品質の低いページは掲載順位が下がり、良質なページの掲載順位が上がることになります。以前のように内容の薄いページ数を増やしていては、逆効果。せっかく頑張って増やしたページが、検索順位を下げることにもなりかねません。

逆に言えば、SEOのために多額の費用をかけて被リンクを買ったり、内容の薄いコンテンツを大量に作ったり、キーワード出現率にこだわったりする必要がなくなったということ。
正直に、誠実に、コツコツと読者に情報を提供する姿勢が大切なのです。

「それなら、できそう!」そんな方は、その2へ……。

その2「お客さんに見つけてもらおう」

サイト運営で大切なのは、商品やサービスを買いたい人にサイトを見てもらうこと。
お店で言えば、入り口です。

強引に客引きをするお店もあれば、値引き勝負で呼び込みをするお店、そうかと思えば商品は良いものがあるのに、お客さんに来てもらう気がなさそうなお店もあります。
こんなお店はちょっともったいないですね。

コンテンツSEOによるサイト運営で目指すのは、往来を行き交う人々の中にいる「商品を求めている人」に見つけて入ってもらえるお店です。

1. 丁寧な説明で、欲しい人にしっかりと情報を届け、 
2.お店や会社、商品のファンになってもらって、
3.購入してもらい、
4.喜んでもらって、
5.リピートしてもらう!

こんなお店や会社にするまでのイメージが描けたなら、まずはサイトやブログに記事を書いてみましょう

その3「小学生に説明してみよう」

大事に大事に育て上げた、あなたの会社の商品やサービス、その良さも強みも一番よく知っているのは、誰でしょう?
そう、それはあなたです。

なのに、なぜ記事にすると効果が出ないのか?
「頑張って記事を書いているのに、効果が出ない」
「見に来てくれた人がすぐ帰ってしまう」
そんなお悩みをよく聞きます。

実は、その原因は「あなたが知りすぎている」から。
つい専門用語を使っていませんか?
「こんなことは常識だろう」と、商品やサービスの説明を簡単にすませていませんか?

実は、ものづくり王国といわれる、ここ富山県で多いのはそんなパターンです。
「良い物を作っていれば、黙っていても分かってもらえる」
「自分の商品やサービスを自分でほめるなんて、恥ずかしい」
謙虚で奥ゆかしいのが富山県民気質。
でも、それではあまりにもったいないと思いませんか?

ほとんどのお客さんは、あなたが提供するサービスや商品に対して、全くの初心者だと思いましょう。 謙虚な姿勢では、残念ながら本当の良さは伝わらないのです。
何も知らない相手に言葉を届けるには、いったん自分の立場を忘れて、一人の消費者の立場に立ってみることが大切です。

もしくは、小学校の教室で説明してみる気持ちで書いてみるのもオススメです。
あなたの前にいるのは、好奇心で目を輝かせた小学生たち。そう思ったら、書けそうな気がしてきませんか?

 

スタジオ・アイルでは、コンテンツSEOを重視したホームページ制作を富山県富山市で行っています。
ブログやサイトの記事でお悩みの方には、取材や記事作成、記事作成指導、推敲・校正・リライト(書き直し)などのご相談も承っています。
お気軽にご相談ください。

 

お問い合せはこちらからお気軽にどうぞ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき、送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

*

CAPTCHA